ビジネス

KFCフィリピン、フランチャイズを本格化。フランチャイズによるブランド拡大へ

kfc-philippines-goes-full-scale-into-franchising

昨年、KFCフィリピンは4店舗のフランチャイズ店をオープンさせることに成功しました。
しかし、コロナウィルスの蔓延の影響もあり、想定よりも開店できた店舗数は少なく、コロナの状況でKFCフィリピンのフランチャイズに挑戦しようとする企業・個人は多くはありませんでした。

コロナの危機の中でも4店舗をオープンできたという事実は、拡大の道を切り開いた強力なKFCブランドに対する投資家の信頼と信念を示しています」と、KFCフィリピンのフランチャイズ・マネジメント・ディレクターのYvette R. Roldan氏は述べています。

KFCフィリピンは、コロナが発生する直前にフランチャイズスキームを開始しました。
これは市場で好評を博し、2020年の後半には、Santiago Isabela、Waltermart Capas、Waltermart Malolos、Waltermart Candelariaの施設内にフランチャイズ支店が開設されました。

フランチャイズ加盟店は、営業開始から数ヶ月間の安定した業績に感謝しています」とRoldan氏は述べています。

第4四半期に5.6%の成長を記録したことからも分かるように、フィリピン経済は回復に向かっており、KFCフィリピンは今年、フランチャイズによるブランド拡大に力を入れていきます。

経済活動と支出が回復し始めているので、私たちがまだ存在していない地域でブランドを拡大することを目標にしています。KFCフランチャイズはブランドの競争優位性をさらに強化し、すべてのお客様により身近なものにすることができます」とRoldan氏はコメントしました。

KFCフィリピンのフランチャイズ投資費用は、店舗建設費、設備費、フランチャイズ費用を含めて1,900万ペソからとなっています。最終的な金額は、資産の種類、立地、店舗面積に応じて決定されます。

KFCフィリピンは、フランチャイズ店舗のポテンシャルを最大限に引き出すために、フランチャイズ店舗の全面的な管理を行っています。

-ビジネス
-,

Copyright© フィリピンスタートアップ , 2021 All Rights Reserved.