スタートアップ

2021年に注目すべきフィリピンのFinTechスタートアップ5選!

5-fintech-startups-in-the-philippines-to-watch-in-2021

コロナウイルスの大流行により、フィリピンではデジタル金融サービスの導入がさらに進んでいます。国民の平均年齢の若さとモバイル端末の利用率の増加が、フィリピンの金融分野のデジタル革命を起こしているといえるでしょう。

Startup Genome社の「Global Startup Ecosystem Report」によると、マニラのFinTech企業は全体の15%を占めており、市場は2018年の約57億ドルから2022年には105億ドルに成長すると予想されています。

マニラは英語を話す人口が多く、西洋的な文化を持っているため、FinTech企業とは相性のいい場所となっています。マニラの貿易産業省によると、国内には約136社のFinTech企業が登録されています。新たな常識が生まれたことで、FinTech業界にはより多くのチャンスが訪れるに違いありません。

本日は、2021年に注目すべき5つのFinTech企業をご紹介します!

JustPayto

JustPaytoは、個人と企業の両方を対象とした、送金サービスプロバイダーです。2015年に設立された同社は、銀行間、機関間、プラットフォーム間、通貨間の便利な送金を提供するために、金融機関や電子ウォレット間の摩擦のないエコシステムを開発しています。

銀行との連携や複雑なアプリの設定をしたりする手間をかけずに、複数の支払い方法をサポートすることを目指しています。このアプリは、クレジットカード/デビットカード、銀行口座、オンラインバンキング、電子ウォレット、暗号通貨などの複数の払い出しオプションを持ち合わせています。

MarCoPay

MarCoPayは2019年に設立された会社で、「Maritime Community Pay」の略です。海外で働く船員をメインのターゲットに想定した電子マネーのプラットフォームを提供しています。このアプリでは、QRコードを利用して、乗船前の手続きや給与の受け取り、デジタル通貨への変換を行うことができます。また、この電子マネーを船内での買い物に利用することもできます。

同社は、デジタルソリューションによる船内金銭取引の改革と、船員とその家族の生活の質の向上を促進することを目指しています。

PayMongo

PayMongoは、フィリピンの企業向けにオンライン決済APIを提供しています。Webサイトやアプリに組み込むことで、銀行カードやGrabPay、GCashなどのデジタルウォレットからの支払いを受け付けられるようになり、オンラインビジネスの運営をより身近なものにしています。

また、高度な不正検知ツールとPCI認定システムを組み合わせることで、不正な取引から保護されるように対策を徹底しています。

SeekCap

資金調達とキャッシュフローの管理は、すべての商業ビジネスにおいて不可欠な要素です。しかし、中小企業にとって、融資を受けることは難易度の高いものとなっています。国内の銀行では厳格な審査が行われているため、必要な資金を調達するのが困難な企業もあります。

SeekCapは、銀行と中小企業の間のギャップを埋めることを目指しています。同社は、フィリピン最大の銀行の一つであるUnionBankと提携しており、ビジネスの成長や拡大に適したローンに誰もがアクセスできるようになるようにサービスを展開しています。

TONIK

TONIKは、フィリピン初のネオバンクです。フィリピンでは人口の多くが銀行口座を持っていないため、TONIKはこの状況を変え、フィリピンをデジタルバンキングの世界に導くために日々奮闘しています。

TONIKは、従来の銀行の問題を解決し、シンプルなアプリを使って、人々が貯金や短期ローンに素早く簡単にアクセスできるようにすることを目指しています。同社は最近、Mastercard社との新たなパートナーシップ契約を発表しました。

-スタートアップ
-,

Copyright© フィリピンスタートアップ , 2021 All Rights Reserved.