マーケット

フィリピンの金融市場、激動の2020年を高値で締めくくる。上場はわずか3社。

philippine-financial-market-closes-turbulent-2020-on-a-high-note

フィリピンの金融市場は12月29日(火)、高値で激動の2020年を終えました。

フィリピン証券取引所指数(PSEi)は0.25%上昇し、7,139.71で取引を終了しました。一方、全株式のインデックスは0.43%とわずかに上昇しました。

外国為替市場では、フィリピンペソは、他のアジア通貨を上回るパフォーマンスで2020年を締めくくりました。現地通貨単位では、前日終値のP48.055よりも強い対米ドルでP48.023まで底堅く推移しました。

締め括りは良かったものの、年間を通じては、フィリピンペソとPSEIのパフォーマンスにはばらつきがありました。ベンチマーク指数は昨年末に8.6%の下落を記録したのに対し、ペソは輸入の低迷により今年のドル需要が著しく減少したため、対米ドルで5.3%の上昇となりました。

アナリストたちは、ドゥテルテ政権が経済回復を促進することを約束したことを期待して、2021年における証券取引所とペソの両方の見通しをポジティブに捉えています。株式市場については、証券会社COL Financial Group Inc.の副社長兼リサーチヘッドであるApril Lee Tan氏は、「2021年は多くの企業、特にテクノロジー系企業の株式公開をする必要がある」と述べています。

ph-stock-2020

しかし、Regina Capital の Beatrice Lopez氏も慎重にこの状況を見ていて、「コロナの影響で、特にビジネス環境が厳しい状況にあるため、2021年に企業がIPO計画を見直すかどうかは断言できない」と回答しています。

2020年には、フィリピン証券取引所が当初想定していた6社の半分の3社(MerryMart Consumer Corp、Ayalaが率いるAREIT Inc、Converge ICT Solutions Inc)のみが上場しました。

フィリピンペソに関しては、BDO Unibank Inc.のJonathan Ravelas氏とSecurity Bank Corp.のRobert Dan Roces氏は、いずれも2021年には1ドル=50ペソまで通貨が弱まると予想しています。

「世界貿易の改善は、貿易赤字が拡大し、国内での米ドル需要が増加することを意味します。米国の拡大政策は、より強い(米国の)通貨を支えることを意味する」とRoces氏は語りました。

ph-stock-2020-2

-マーケット
-

Copyright© フィリピンスタートアップ , 2021 All Rights Reserved.